• ケーブルフィットイン
  • undefined
Special features

ケーブルフィットイン

終端ノードと貫通ノードの接合挿入補助

終端ノードと貫通ノードにおいてはブレードの重複やケーブル絶縁用の溶接範囲間隔がよく規定されます。これらはともにブレードを手動で挿入する場合には影響を受けます。 
今やSchunk Sonosystemsがケーブルフィットイン技術という、完璧に再現可能な溶接結果と規定寸法通りの成果が可能になる外部挿入補助を開発しました。2つのクリップでケーブルを溶接空間に最適に位置決めできます。このとき間隔は、用途や規定値、断面積範囲に応じて初期設定して構成できます。
他の用途や装置向けでも自動区画ステップを指向したその他の形状の挿入補助または固定要素については当社にご相談ください!お客様と協力してソリューションを見つけ出します。

お問い合わせ先


詳しくはこちらをご覧ください。

この製品、またはその他の製品やサービスについてのご相談は、この番号にお電話ください。