Schunk Sonosystemsの技術

超音波溶接の多面性についてさらにご説明します

超音波溶接を利用すると数多の材料どうしを融合的に結合させることができます。最も頻繁に使用される材質の組み合わせはプラスチックと金属です。原則的に熱可塑性樹脂は超音波溶接に適し、金属材料の場合は銅のほか銅合金が特にアルミニウム材料と溶接すると経済的で高品質な結合が可能です。ニッケルや金、銀といった他の金属材料も超音波溶接により結合できますが、通常の場合は特殊用途向けで、超音波溶接の選択の際は緻密な解析が必要です。

オシレータシステム a

オシレータシステムはコンバータ、ブースタ、ソノトロードから成ります

さらに詳しく

溶接方法

超音波点溶接は非鉄金属の結合のために成熟し確立した加工プロセスです。

さらに詳しく